2014年8月 1日 (金)

Jリーグ第17節広島x甲府@エディオンスタジアム

7月27日(日) 2014 J1リーグ戦 第17節

広島 1-1 甲府 (Eスタ)

得点者:21' クリスティアーノ(甲府)
     85' 柴崎晃誠(広島)

11

ワールドカップ後のJリーグを見に行ってきました。
夏休みということもあるとは思いますが、思っていた以上に多くの人が入っていてビビりました。
これはワールドカップ効果か??それとも・・・

15

この日はフィギュアスケート選手の町田樹選手が来場し、ミニトークショーをしたりキックインセレモニーを行ったり、大活躍でした。
たぶん、町田選手のファンも大勢来てくださったことでしょう~
「町田シート」という特別席が設けられていたそうですが、こちらも当初50席だったのが100席に倍増されるなど、大人気ぶり。
町田選手、広島出身ということもありますが、やはりフィギュアの人気っていうのはすごいなぁ~と思いました。

13

そうそう、大型ビジョンが仮設じゃなくなっていました。
といっても、画面をはめ込んだだけらしく、修理したり新しいものに取り換えたりしたわけではないようです。
でも、とりあえずは見栄えが良くなりました!!

14

絶対暑いだろう・・・と思って覚悟して観戦に行きましたが、19時キックオフということもあってか、全然涼しくてビックリしました。
朝雨が降っていたのもあるかもしれませんが、エアコンの中にいるかというくらい涼しくて、これは夏場の納涼にぴったりだなぁ~とひとりごちていました。

12

しかし、サンフレッチェどうした~というくらい調子悪いですね。

けが人が多いということもありますが、これから暑くなるのに大丈夫かと・・・

16

でも我々は応援するのみですね!!

17

サンチェ。
子どもたちに大人気です。

ただ、私の座っていた近くの小さなお嬢さんは、大きな声で「おさるさーーーん!!おさるさーーーーん!!」と声援を送っておりました・・・

もっと知名度を上げるために頑張らないとね!!

18

この日はハーフタイムに花火が上がりました。
夏恒例ですね~
写真、たくさん撮ったけど、全然キレイなのがなかった・・・
っていうか、かなり近くから花火をあげているからか、途中から燃えカスみたいなのがどんどん降ってきてビビりました(笑)

厳しい連戦が続きますが、どうぞ選手たちは体調不良や怪我には気を付けて、なんとか夏を乗り切ってほしいところです!!
頑張れサンフレッチェ!!
頑張れおさるさーーーん!!

|

2014年1月 2日 (木)

サンフレッチェ広島企画展2014

P10207991

 サンフレッチェ広島のJリーグ優勝を記念した企画展が、お正月の期間、エディオン本店で開催されています。

シャーレの他、いろんなパネルや映像が展示されていました。

内容は、

・J1優勝シャーレ 一般初公開
・2013J1リーグ全34節写真展
・佐藤寿人コーナー
・映像コーナー
・記念撮影コーナー など

とのことです。

P10208011

 日本サッカー協会カ長杯

P10208021

フェアプレー賞高円宮杯

P10208031

 佐藤寿人選手個人の表彰も展示されていました。
 こちらはやべっちFC2012年MVPトロフィー

P10208041

 スカパーJリーグベストゴールアワード

 佐藤寿人選手なら、もっと多くの受賞があると思いますが、その中でこの2賞のチョイスというのが面白い(笑)
どちらもテレビで見たものなので、おぉぉ!と思いました~

P10208051

 等身大?巨大パネルも展示されていました。
選手に並んで、バンザイポーズで記念写真を撮影する人続出(笑)
子どもたちにとっては、すごいいい記念になりそうですね~

元日国立の天皇杯決勝は、マリノス2-0サンフレッチェで残念ながら準優勝でした。

やはりマリノスは強かった!!
おめでとうございます。

ベテラン選手と若手の選手がそれぞれの持ち味を発揮しかみあっているチームは本当に強いです。

サンフレッチェは、ここまで2試合連続で延長PK戦で上がってきて、しかも開催が関東ということで体力的にしんどかったと思いますが、いつものメンバーでいつも通りの試合をするという、プライドを見せてくれたと思います。

しかし、現在の国立競技場では最後の天皇杯決勝、この舞台に日産と東洋工業を前身に持つ2チームが闘うことになったというのは感慨深い。
どちらもJのオリジナル10という伝統を持ちながら、Jリーグ発足後天皇杯を手にしたことがなかったというのは意外でしたが、トーナメント戦って難しいものです。

広島はサンフレッチェになってから5度目の天皇杯決勝でしたが、またしても・・・
リーグ連覇の勢いで今年こそは!と意気込んでいましたが、どうにもこうにも相性が悪いですね~
でも、こうやって何度も挑戦していくからこそ悲願になり、天皇杯を手にしたときの喜びは格別だと思いますので、今後もチャレンジャーとして天皇杯優勝を目指していってほしいです。

元日にサッカーの結果を気にしながらヤキモキするのも、日本中のサッカーチームの中でたった2チームに許された特別なことなのだと思うと、やはりサッカーが好きで、サンフレッチェを応援していて幸せだな~と思います。
選手もチームも準優勝で残念かもしれませんが、とても名誉で幸せな一日だったことを忘れずに、今年のシーズンに向かって心機一転してくれればと思います。

それに、マリノスに負けはしましたが、3月のチャンピオンシップも同じカードで最後の国立ということで、また再挑戦できるチャンスがあるというのはすごい!!
ぜひゼロックス杯はサンフレッチェの手に!!!

|

2013年12月15日 (日)

サンフレッチェ広島優勝報告会@市民球場跡地

P1020639

 サンフレッチェ広島がJリーグ2連覇しました!!

 優勝決定がアウエーの鹿島スタジアムだったため、感動の冷めやらぬ1週間後に、選手スタッフそろっての優勝報告会が開催されました。

予定時間の30分前頃に到着したはずなのですが、もうかなり後方の立見になってしまいました。
これでもカメラの倍率をめいっぱい上げての撮影です・・・

 ちょうど前方に陣取っていたご夫婦が結構高性能なビデオカメラで撮影していたため、そのディスプレイで結構選手の表情が見られたのがラッキーでした(笑)
現地にいながら、ほかの人のカメラを盗み見て状況を把握するという、ちょっとセコい観覧方法でしたが・・・

P1020640

↑こちらも何が何やらわかりませんが(笑)、DFの千葉選手が司会者並のトーク技術で選手にインタビューの図です。

P1020642

 紫色のテープを仕込んだバズーカ発射!
でも、この後テープはすべて強風に乗って後方へ消えていきました・・・
こういうツメの甘さというか、なんでもお笑いにしてしまうところがサンフレッチェらしいところ。

P1020643

 写真撮影会。
新聞や雑誌でも頻繁に使われていましたが、なんかいい感じになっていましたね~

会は30分の予定を過ぎての終了。
しかしそのあとも、千葉選手を中心にしたシャーレ芸が披露されたり、サンフレッチェ劇場㏌市民球場跡地版が繰り広げられていました。

最後のホイッスルが聞こえるまではあきらめないということを体現してくれたサンフレッチェ広島の優勝。
連覇はヴェルディ、アントラーズ、マリノスに次ぐ4チーム目だとか。
ほかの3チームは一時代を築いた素晴らしいチームばかりですが、サンフレッチェも同じように黄金時代を築き上げることができるか、それは今後にかかっていると思います。

長い間低迷を続けてきて、悔しい思いもなんどもしてきました。
しかし、選手や監督、スタッフをはじめとするチームが一丸となって、難しいと言われていた連覇を成し遂げた今、本当にみなさんにはお礼をいいたいと思います。
サンフレッチェをずっと応援してきて良かったです。

|

2013年12月 2日 (月)

Jリーグ第33節広島x湘南@エディオンスタジアム

11月30日(土) 2013 J1リーグ戦 第33節

広島 1-0 湘南(Eスタ)

得点者:36' 青山敏弘(広島)

11

33節、広島ホーム最終戦に行ってきました。

サンフレッチェ広島vs湘南ベルマーレ戦です。

12_2

スタジアムに2時間前くらいに到着すると、サンチェとフレッチェがなにやら踊っていた。

13

選手バスが到着するようです。
サポーターがメッセージを書いた応援弾幕を掲示しています。

14

選手バス到着。
写真にはなんとなく選手が写っていますが、現地ではなにも見えませんでした(笑)
サンフレッチェコールで選手をお迎え。

17

指定席とサポーターズシートが売り切れていたこの試合。
大入りの状態でした。
ホームゴール裏に掲示されているチームフラッグの下には、前年度優勝のしるしであるチャンピオンフラッグがはためいています。
来年もこの旗を掲げることができるのか、それともこれが見納めになるのか・・・

この試合の前の節では、セレッソ大阪に敗れて優勝戦線から一歩後退。
残り2節、勝ち続けることが必須という、シンプルな状況。

15

16_2

18

19

負けられない闘いに挑む選手のために、サポーターもビッグフラッグやコレオグラフィーで後押し。

コレオを掲げている間、コアサポーターが「写真撮影が終わるまで、がんばってシートを掲げてください!」と励ましてくださいました(笑)
客席も、腕をプルプルさせながらも必死で掲げます(笑)

この日のコレオを実行するため、シートを一枚一枚、何万枚も座席に貼り付けたサポーターのすさまじい努力の甲斐もあり、素晴らしいコレオになりました。

110

この日は雪交じりの凍える一日でしたが、試合中ぱあぁぁ~と晴れてきてなんだかいい予感が。

雲の合間からは天使のはしごも見えていましたが、写真ではあまり写っておらず残念・・・

111

結果は冒頭の通り、広島の勝利。
ただ、湘南はとても前節で降格が決まったチームとは思えないくらいモチベーションが高く、最後まであきらめない走りと高い攻撃力には驚きました。
このままいくと、おそらく1年でJ1に復帰は堅いのではないかと。

そして、優勝をあきらめない気持ちを必死のプレーで見せてくれた広島の選手たち。

最終節にふさわしい、気持ちのこもった試合を見せてくれた両チームでした。

112

それはそうと、結局壊れたままのオーロラビジョンと、文字通りとってつけたような仮設ビジョンは一年間このままでした。
仮設ビジョンの土台にはこれみよがしに「エディオンスタジアム広島」の青い文字が見えますが、この命名権でエディオンが支払ったネーミングライツ料はいったいどこに消えたのでしょうねぇ。
所有者である広島市は、ビジョンはサッカースタジアムの動向が決まるまではオーロラビジョンの取り換えや修理はしないと言っているようですが(嫌がらせか!!)、このスタジアムはサッカー専用ではなく陸上競技など様々な大会が開催される場所であり、陸上の大きな大会も開かれるスタジアムなのに、ちょっとみっともないなぁ~と思わずにはいられません。
(注意:あくまでも私個人の、ごく個人的な感想です)

113

この日はホーム最終節ということで、シーズン最後のセレモニーもありました。
今年はゼロックスの勝利という幸先のいいスタートを切りましたが、ACLの影響やけが人続出という事態で、開幕当初はどうなることやらと思っていました。

しかし、ホーム最終節を迎えた段階で、まだリーグ優勝の可能性を残したチームの一角に残ることができました。
数年前には考えられないような幸せな状況です(笑)
天皇杯も勝ち進んでいるし・・・

114

115

この日は中島選手の引退セレモニーもありました。
仙台と千葉で2度の戦力外通告を受けていますが、最後は引退を自ら決断。
J1の優勝争いをしているチームのメンバーとして、まだまだ必要とされているときに自らの進退を決断するという、Jリーガーとしては稀有な存在ではないでしょうか。

こういう幸せな引退というのは、なかなかないなぁと感慨深く思いました。

117

ビッグアーチの周囲はすっかり冬模様。
スタジアムを囲む山々も紅葉でにぎやかになっていました。

さて、12月の最終決戦はどうなることやら。

|

2013年7月27日 (土)

Jリーグ第14節FC東京x広島@味の素スタジアム

7月6日(土) 2013 J1リーグ戦 第14節

FC東京 0-1 広島 (味スタ)

得点者:90'+4 パクヒョンジン(広島)

P1010452

写真を撮るだけとってすっかり忘れていたので、今更ですが写真と結果だけでも。

久しぶりの味の素スタジアム、久々すぎて新宿から飛田給まで結構時間がかかることを忘れていて、ちょっとあせりましたが無事到着。

P1010454

P1010453

P1010455

やっぱり屋根つきスタジアムいいよなぁ~~~

P1010458

味スタ名物?の赤と青の空気人形のお二人もお元気そうでなにより。

P1010457

この日は本当に暑い日で、選手たちも大変そう。
水分補給を度々している姿も見られました。

P1010460

ゴール裏での観戦でしたが、結構見やすかったです。
大規模の競技場ですが、あそこやあそこ(あえての伏字)に比べるとこの見やすさよ。

P1010463

昼の晴れたスタジアムも好きですが、夜照明が入ってからのスタジアムもいいですね~
熱気に包まれながらも、夜の涼しい風が吹き抜けたりとか。

P1010464

試合のほうは、後半ロスタイムにフリーキックからの得点という劇的勝利。
ビジター席はこの上ない盛り上がりでした。
ビジター席、結構サラリーマン風の人とかが多かったなぁ。

サポーター有志が発行しているフリーペーパーもいただきましたが、これが内容盛りだくさんで感心しました。
チャント・コール集はもちろんですが、いろんな応援スタイルの紹介や声の出し方のコツといった観戦に役立つ情報やコラム、夏観戦対策など、面白かったです。

関東には広島サポーターが多い印象がありますが、こういう活動があると「また来たい」と思ってしまいますね~

P1010469

「感動は胸の奥に。ゴミはゴミ箱に。」
自分の出したゴミは自分で処理する。大切なことですな。
キレイで快適なスタジアムを維持するためにも、心にとどめておきたいことです。

飛田給駅に向かう帰り道、アウェーの洗礼が。
歩道に突如として現れる車進入防止用(と思われる)ポールにぶつかる。
腿の外側を強打してしまったが、周囲には悟られまいと痛くないフリをして通過。
このポール、昔もぶつかったことがあったような・・・
やはりアウェーの洗礼。

|

2013年3月 9日 (土)

 Jリーグ第1節広島x浦和@エディオンスタジアム

3月2日(土) 2013 J1リーグ戦 第1節

広島 1-2 浦和 (Eスタ)

得点者:37' 柏木陽介(浦和)
     51' 原口元気(浦和)
     55' 森崎浩司(広島)

P10008291

20年間「ビッグアーチ」の愛称で親しまれてきましたが、今年度からエディオンがネーミングライツを取って「エディオンスタジアム広島」、略して「エディスタ」になりました。
Jリーグの表記上は「Eスタ」になるようですね~
エディオンが支払うライセンス料は競技場の改修費用などにも当てられるそうですが、確かに建設から20年以上経ち、あちこちにガタが来てますからねぇ。
特にゴール裏のオーロラビジョンは早いところ何とかしたほうが良い(笑)。
この日はオーロラビジョンが壊れているらしく、トラックに積まれた仮設ビジョンが登場していましたが、毎試合これをレンタルするわけにもいくまい・・・
(このレンタル料はまさかサンフレの持ち出し??とかいろいろ考えてしまいました。そんなわけはないよねぇ、備品が不十分な状態で使用料を取っているのだから・・・)
それから長年の懸案の照明も何とかしたほうがいいでしょうねぇ。
国際基準を満たしていないという話ですが、それ以上にスポーツニュース番組などでダイジェストに流されると、他の競技場と比べて明らかに暗い・・・
まぁ新スタジアムもまだまだどうなるか不透明、時間がかかりそうですし、良いニュースが聞けるまではエディオンスタジアムには頑張ってもらわないと!!

P10008271

↑この人(というかこの怪獣)、主要な試合のときは必ず登場しています。
・・・普段は廿日市のほうにいませんか?あっち方面で見かけた記憶があります。

この日はあいにくの天気で、雨が降ったり止んだり。
気温も低く、本当に寒かった~
ポンチョを出したり着たり脱いだり、なかなか忙しかったです。

P10008331

今年のサンフレッチェのスローガンは「一丸」。
監督の森保「一」にもかけているとかいないとか。

ポールについている旗ですが、サンフレの旗の下にはためいているのはもしやチャンピオンフラッグか???
遠すぎて見えないぜ・・・
こんなところにも、無駄にデカいスタジアムの弊害が・・・

P10008341

浦和側もめいっぱい入っている!
(今回はバックスタンド自由席が手に入ったので、バックスタンドでおとなしく見ていました・・・)
前年度3位で終わり、今年への期待が開幕戦の気合に繋がっているのでしょうか。

この日はホーム側もかなり混んでいました。
ベンチシートに1人分ずつ、コレオ用の紙パネルがビニール袋に入れて貼り付けられていましたが、これはすさまじい労力だったでしょう。
広島の運営やサポーターも気合入っていました!!

試合内容は、浦和の良いところが目立っていたような。
ゴール前に行く回数が多かったですね~
広島はゼロックス杯、ACLと短期間の連戦で疲れがあったとは思いますが、浦和も中国アウェーから帰ってきてすぐ広島アウェー。こちらも強行日程のためいいわけにはなりません。

それにしても森脇がボールを持つとすかさずブーイング(笑)。
いや、笑い事ではありませんが、試合開始前、ペットボトルの水を飲みながらスタジアムの中を感慨深げに見回していた森脇を見ていたので、ちと気の毒なような・・・
でもまぁ、こういう遺恨というか因縁というか、反骨精神のようなものもサッカー観戦の醍醐味だと思えば。

Jリーグは開幕したばかり。
正直、まだ去年のJ1優勝の浮かれた雰囲気が自分の中にあったかもしれません。
因縁のある浦和にガツンとやられて、目が覚めたっていう選手やサポーターも多いような気がします。
もうあれは去年のこと、今年の闘いはゼロからのスタート、まだ始まったばかり。
広島はもう「去年の」チャンピオンなんだということを改めて気づかされました。

今回はホーム側に座っていたため、広島目線で応援していました。
それにしても、両チームの選手や戦術をよく分かっているというのはなかなか面白いですな。試合を見ていても、見所がいっぱいで。

また今年もたくさんの試合が見られますように。
サッカーを日常的に楽しめる日々となりますように。

|

2013年1月 5日 (土)

優勝シャーレ展示会inエディオン

P10006461

お正月、広島紙屋町の新しくなったエディオンでサンフレッチェの優勝シャーレ展示が行われていたので、観にいってきました。
たくさんの人が来場していて、なかなか盛況でした~

P10006471

入口すぐにはドドーンとシャーレ。
J2優勝シャーレとは比較にならん位重厚ですな。
J2シャーレは「サンドイッチ盛るのにちょうどよさそう・・・」と思ってしまいましたが、このシャーレなら火にかけてジンギスカンをしても大丈夫そうです。(←やっぱり食器扱い!)

P10006481

P10006491

歴代のユニフォームも展示されていました。
トルソーに着せてずらっと並べる・・・という味気ないディスプレイでしたが(笑)、やはり並べてみると懐かしいなあ~と思いましたね~
昔のユニには襟が付いてたんだ~とかどうでもいいことを思いながら眺めたり。

P10006501

佐藤寿人選手のなんやかんや。
前シーズンはたくさんの賞やタイトルをもらっていたので、どれがどれやら・・・
でも貴重なものをナマで拝見できて、眼福でした♪

P10006511

しかしすでに優勝決定が懐かしい出来事になってきました。
リーグ優勝に盛り上がったお祭り騒ぎももう終わりです。
まもなく始まる新シーズンからは心機一転、またイチからの出発です!!

|

2012年11月30日 (金)

J1第33節広島xC大阪@広島ビッグアーチ

11月24日(土) 2012 J1リーグ戦 第33節

広島 4-1 C大阪

得点者:17' 高萩洋次郎(広島)
     20' 青山敏弘(広島)
     42' 佐藤寿人(広島)
     50' 石川大徳(広島)
     61' 枝村匠馬(C大阪)

P10003961

ビッグアーチでのサンフレッチェの試合を初めて観たのは、J初年度のヴェルディ戦。
あれから20年、ビッグアーチには3ケタに及ぶ回数を通い、楽しいことも悔しいことも辛いことも嬉しいこともここで経験してきましたが、いつかこの日を迎えることを夢見ていました。

サンフレッチェのJ1優勝、そして満員のビッグアーチ。

サポーターやファンを含め、サンフレに関わる人たちにとってはいつかは叶えたい、でも叶うことはないかもしれない・・・と諦め半分だった二つの夢が叶ったこの日に、現場に立ち会えたことは本当に幸せでした。

P10003501

↑この日の朝、家の近所で咲いていた紫色っぽい朝顔、なんでこんな時期に??とびっくりしながら、なんだか幸先いいぞ~と嬉しくなりました。

この日はめずらしくアストラムラインを使ってビッグアーチへ向かったのですが、途中デパ地下でおにぎりを買い込むと、店員のおばちゃんが「サッカー行くの?頑張ってね!!」と励ましてくれた上に手を握りながらおしぼりを1個余分にくれました。
なんか、この時点で涙が出てきそう(笑)。
まぁおばちゃんが商売上手なだけかもしれませんが、とっても嬉しかったなぁ~

P10003511

ビッグアーチ周辺はキレイに紅葉してました。

P10003541

この日はあいにくの天気。
試合開始3時間前には現地に到着しましたが、その時点でとんでもない長さの待機列になっていました。
すごい・・・今までこんなに多くのサポーターはどこに隠れていたんだ(笑)と、普段のビッグアーチを知る者としては驚くやら感慨深いやら。

開門時間になってもまったく進まない行列で、試合30分前になってようやく動き出したときには、もう間に合わないかと・・・(焦)。

そういえば、待機列で待っている間、選手バス入口付近で久保竜彦らしき人がいるなぁ~と思いながらぼーっとしていたのですが、どうやらご本人だったみたいで(笑)。
サポーターから久保のチャント(現在は寿人のチャントに引き継がれている「君の瞳に恋してる」)が聞こえてきたりして、あれれ?と思っていたのですが忘れていました。
まぁ今は広島在住だし~不思議ではないんですけどね。
スーパーサッカーの取材で、なんとこの日がレポーターデビューだったようです。

P10003561

B6ゲートの下では、サポーターが決起大会をしていてすんごい盛り上がり。
こういう雰囲気は、男の子ならたまらんだろうなぁ~

P10003571

↑後ろの山がキレイに紅葉しています~
まぁそんなことに気づく余裕もありませんでしたが、この自然の季節を感じられるのは、山の中のスタジアムの数少ない良い点です(笑)。

ようやく座席に着席できましたが、いつもよりもかなりアウェー寄り(多分、ふだんは誰も座ってない辺り・・・)。

ビッグアーチはほとんどがベンチシートなのですが、シートひとつひとつに緑の養生テープで区画がつくってありました。
これはものすごい手間だったと思います。
おかげで、お互い詰め合って多くの人が座ることが出来ました。
いつもと全然違う臨戦態勢の運営で、選手だけでなく裏方も含めたチーム全体でこの大一番に懸けて闘っているなぁと思いました。

P10003591

アウェーのセレッソ側も、ピンクに染まっています。
いつもよりもアウェー座席が狭められ、しかもホーム側のチケットを購入できなかった広島のファンが多くアウェーチケットを購入してしまったという一触即発の事態の中、一部にまとめられたサンフレファンもピンクのボードを掲げてセレッソのコレオに巻き込まれていました(笑)。
いや正直、セレッソサポーターにとってはとんでもない迷惑な話で怒っても仕方ない状況の中、ユーモアを持って対応していたことに、かなり感動しました。
試合終了後のセレモニーにも残り、最後元所属選手の佐藤寿人にエールを送ってくれたセレッソサポーターには感謝したいです。

P10003611

ビッグフラッグも今日はいっぱいです。

P10003621

この日は本当に気持ちのこもった試合をしたサンフレの選手たち。

前節の浦和戦では力が出せず、どうなることやら・・・と心配だっただけに、この堂々とした闘いぶりには目を見張る思いでした。

今まではNHKの中継が入ったり、観客の入りが多い試合ではどうも勝てないイメージがありましたが、その印象がすっかり払拭されましたな。

P10003671

この日広島が優勝するためには、広島勝ち、仙台負けのパターンのみ、つまり9分の1の確率。
まぁかなり低い確率だったのですが、朝に見つけた朝顔からはじまり、なんか今日は特別な日になりそうな感じがしていましたが・・・

試合終了のホイッスルが鳴り、ベンチの選手やスタッフがピッチになだれ込むまでの10秒少々、この短い奇妙な時間のことは一生忘れないだろうなぁ~

P10003691

P10003731

P10003741

↑ビッグアーチの電光掲示板にこの表示が見られるとは。

P10003791

↑遠っっっ!!
デジカメの倍率いっぱいにして、寿人が優勝シャーレを掲げて紙ふぶきドシャーーの決定的シーンを撮影したのですが、このザマです(笑)。
この遠さ、蚊帳の外感こそ、ビッグアーチの真骨頂。

やっぱり専用スタジアムつくろうよ・・・・(切実)

P10003721

ポイチ監督のインタビューはやはり涙なしには聴けませんね~
Jリーグが発足する前の、広島アジアカップの頃から見ている方なので、なんか感慨深くてねぇ・・・

P10003801

P10003841

はい、セレモニーは現地にいながらオーロラビジョンごしに観てましたよ~(笑)。
しかしこのアスペクト比はいまどきないよなぁ・・・

P10003901

↑選手が近くでシャーレを上げてくれたのですが、この遠さよ(笑)。

P10003921

サポーター席の前でもセレモニーをやっています。
こちらはゴールドの紙ふぶきだ~
電光掲示板の「団結」の文字が良い味だしてますな。

P10003981

P10004041

すっかり暗くなりながらも、まだまだ優勝の余韻が続いていましたが、ここら辺で帰宅。

この日はシャトルバスもアストラムラインもスクランブルで対応し、ガンガン便を増やしていたので、混んではいましたが大混乱とまではいかなかった印象。
警察も大勢出動していましたが、人の流れを見守っている感じで(笑)あまり仕事がなかったようで・・・まぁ警察は仕事がないくらいがもちろんいいのですが。
上の方で選手だけでなくスタッフも運営も一丸になって闘っていると書きましたが、交通機関も警察も巻き込んで一緒に闘っていたのですね~。

P10004071

ゴジラさんも笑顔で満足そうです。

P10004061

広島の今年のスローガン。
まさに「団結」を感じる一日でした。

P10004101

P10004111

帰宅中に見かけた垂れ幕。
対応早っ!!

上はサンフレのメインスポンサーであるエディオン本店、下はその向かいにあるそごう。
9分の1の確率でも、やはり準備してたんだなぁ~
こういうのを見ると、優勝していろんな意味で本当に良かったと思います(笑)。
(垂れ幕をはじめ、いろんな準備が無駄にならずに・・・という意味でも)

天皇杯やナビスコカップでの度重なる準優勝、過去何度かあった財政危機による主力選手の流出、そして2度のJ2降格。
サンフレッチェというチームは、何度も悔しい思いをしてきました。
その悔しさが悲願となり、今回の結果につながったのだと思います。
これからも悔し涙を流すことは度々あるかもしれません。
でもそのたびに立ち上がり、その苦しみをバネに、きっとまた飛躍してくれると信じることが大切だと、今回の優勝は教えてくれた気がします。

サンフレッチェに関係するすべての皆様、優勝おめでとうございます。

|

2012年11月10日 (土)

J1第31節広島x札幌@広島ビッグアーチ

11月7日(水) 2012 J1リーグ戦 第31節

広島 3-0 札幌

得点者:17' 森崎浩司(広島)
     31' 佐藤寿人(広島)
     86' 水本裕貴(広島)

P10001641

11月の平日夜という悪条件の中の試合でしたが、13000人以上の動員、サンフレッチェへの期待をヒシヒシと感じます。

P10001631

ビッグアーチへ向かう広域公園の銀杏並木はすっかり黄色くなっていました。
今がちょうど見ごろ。
夜景の中ライトアップされた銀杏並木が見られるのも、平日夜開催のおかげか。。。

今日の対戦相手はコンサドーレ札幌。
平日夜開催にもかかわらず、札幌のサポーターも結構かけつけていました。
広島在住の札幌サポーターもかなりいたとは思いますが、それにしても頭が下がります。

P10001651

既にJ1降格が決まっている札幌と、優勝争いを繰り広げている広島。
失うものがないチームとプレッシャーの真っ只中のチームの対戦ということで、広島としてはとても難しい試合になるのではないかとイヤな予感を抱えての観戦。

でも、のびのびと冷静に自分たちのサッカーができている広島を見て、頼もしいなぁ~と感慨深かったです。
試合後の監督インタビューで、選手たちが「負けたくない」じゃなく「勝ちたい」という気持ちで闘ってくれたという言葉がありましたが、まさにその通りだったと思いました。

ここまできたら、もう決勝トーナメントになったようなもの。
選手たちも言っているように、自分たちが勝ち続けている限り首位という状況になってしまっているだけに、1戦1戦楽しんで行きたいですなぁ。

P10001672_2

では箇条書きでこの日の感想。

・今日は会社帰りの参戦、ピンポンダッシュで会社を飛び出し横川発のバスに乗り込みましたが大渋滞に巻き込まれ試合開始にちょっと遅れた(涙)

・寒~い夜でしたが、寿人をはじめ選手の何人かは半袖で元気いっぱい!すごっ!!

・寿人選手キレキレ。でも「恋すぽ」ポーズはいかがなものか(笑)。

・ミキッチがどさくさにまぎれて何度もシュートを打っていた。そのたびにバックスタンドにどよめきが。

・札幌の前田俊介選手、後半途中から登場。バックスタンド、どよめきと共に拍手で前俊を歓迎。愛されてるなぁ~

・今回もアウェーよりのバックスタンドでの観戦でしたが、後半水本のゴールが決まるとGK西川選手がこちらへ向かって弓矢パフォーマンス。なんだか最近、後半ゴールの時の西川君ウォッチが楽しくなってきた(笑)。

・それにしても1回も勝てなかった10月を奇跡的に首位で脱出し、11月になった途端勝ち星。今月は全勝の月に!!と思ったけど、そうなると次の試合ではレッズが負けてしまうわけで、個人的に勝手に複雑な状況になっております。

P10001681

↑そういえば、今日はBS中継があったからかバックスタンドの広告が電光掲示板になっていた模様。
これ、毎回そうなんですけど決まりでもあるんですかね~??
っていうか、この電光掲示板どこから持ってきているんだろう。
リーグ持ち??
・・・っていうか、この大一番の試合で私はいったい何を考えているのだろう(笑)。集中集中!!

P10001701

残り後3試合。
サッカーを楽しめる幸せを感じながら、ラストスパート!

広島にサッカースタジアムを。

|

2012年9月29日 (土)

J1第27節広島x鳥栖@広島ビッグアーチ

9月29日(土) 2012 J1リーグ戦 第27節

広島 4-1 鳥栖

得点者:30' 清水航平(広島)
     34' 佐藤寿人(広島)
     58' 森崎浩司(広島)
     90'+2 豊田陽平(鳥栖)
     90'+5 佐藤寿人(広島)

120929_133115

今日でサンフレッチェのJ1残留が決まったようです。
よかったよかった。

台風接近中で暗雲垂れ込む中、ビッグアーチに行ってきました。
雨も降りそうで降らず、デーゲームでも涼しく観戦できる季節になったなぁ。

試合の感想は箇条書きで。

・今日は何故か陣地が逆、試合開始直前のゴール裏カメラマンたちの果敢なサイドチェンジが見られました

・鳥栖の選手、長身でガタイのいい選手ばかりで広島の選手が小さく見えました

・鳥栖の攻撃時のチャント、男「オイ!オイ!」女子ども「サガンゴール!」という掛け合いが頭をぐるぐるぐるぐる・・・ああいうオリジナルなチャントはいいなぁ~

・私事ですが、近くに座っていた人たちがネガティ部部員で2時間不愉快・・・快勝の部類に入るであろう今回の試合で、あんなに不満を言い続けられるとは、どんな試合をみても面白くないだろうに・・・

・ロスタイムに失点。あぁぁ~こういうところは広島らしい・・・と思っていたら、直後に1点返す!広島らしくないぜ!

・スタジアムグルメで購入した、にしき堂とアンデルセンのコラボのもみじまんじゅうが美味しかった!オススメです

そして佐藤寿人選手、今期20ゴール目おめでとうございます。
広島としては、ハシェックがずーーーっと保持していた記録を久々に更新したとか。
まだ試合数は残っていますから、まだまだ伸びる可能性が高いでしょう♪
もちろんリーグ得点王も目指して欲しいなぁ。

しかし、ハシェック以来ということは、久保竜彦やウェズレイもそこまで取ってなかったのか~
そう考えると、寿人選手は偉大だなぁ~

120929_153228

試合終了後。
選手たちが輪になってぐるぐるぐるぐる~
最近、テレビなどでもよく取り上げられる光景ですな。

120929_153339_2

選手たちの試合後の挨拶。
写真は豆のようですが(笑)、選手たちはいい顔していました。
しんどいだろうけど、充実しているんだろうなぁ。

そうそう、サッカー専用スタジアムの署名もしてきました。

サッカースタジアム建設 早期実現を

↑サンフレッチェ広島の公式ホームページ内ですので、決して怪しいモノではございません(笑)

市民球場跡地、広島の人たちにとってはいろいろな思い入れのある場所であり、様々な意見があるのは当然だと思います。
ただ、あの跡地が今無粋な工事現場のパネルに囲まれ、人通りも閑散としているのを見ると、やはりこの土地の利用方法については一市民としてもっと考えていかなければ・・・と感じます。(紙屋町エディオン新館エスカレーターから、バッチリよく見えますな)

球技専用スタジアムにしろ、公園にしろ、劇場にしろ、折鶴記念館にしろ、一度整備したらこのさき50年間子どもや孫の世代まで維持されることになるので、やはり真剣に考えていくべき問題ですね。

まぁこの話尽きないので、またあらためて整理したいと思います。

サンフレッチェ、まだまだ厳しい戦いが続きますが、とにかく一試合、一得点を大事に積み重ねていって欲しいですね。
また応援に行きたいと思います\(*`∧´)/

|

より以前の記事一覧