2011年4月 2日 (土)

震災復興支援へのキックオフ

2011年3月29日(火)
東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ

日本代表 2 - 1 J選抜 (長居)

得点者:15' 遠藤 保仁(日本代表)
     19' 岡崎 慎司(日本代表)
     82' 三浦 知良(J選抜)

待ちに待った2011年Jリーグが開幕して約1週間後。
3月11日、あの東北関東大震災が発生しました。

それ以降はJリーグはおろか、普段の生活さえも一変してしまいました。

そんな危機的状況の中、大勢の方がいまだに困難な生活を強いられている中、サッカーの試合なんて??と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
選手やサッカー関係者、サポーターもそういう思いを誰もが抱いていると思います。
それでも、サッカーの試合をすることで誰かが励まされるなら、誰かが笑顔になるなら、収益がわずかでも支援になるのなら・・・という願いをこめて、この試合を拝見しました。

今回はザッケローニ率いる日本代表と、昨年度Jリーグ優勝監督であるストイコビッチ率いるJリーグ選抜の対戦。
前々からこういうのがあればいいなぁ~とサッカーファンなら誰もが思っていた顔合わせでした。

両チームキャプテンの挨拶。
日本代表の長谷部の言葉、Jリーグ選抜の中澤の言葉。
どちらも短いながら心のこもった挨拶で、もうこの段階で号泣(笑)。いや、私だけではないはず!!

倉木麻衣の国歌斉唱。
倉木麻衣さんが国歌斉唱をする!と聞いたとき、正直(ノ∀`) と思いましたが、彼女の素直な歌い方や透き通ったか細い声は、まるで祈りのようで、心動かされました。

試合内容は、アジアカップで闘ったメンバー中心で連携にまさった日本代表が押していましたが、Jリーグ選抜も寄せ集めとは思えない出来ばえ。
・・・といっても、グダグダした時間は結構ありましたが(笑)。
欧州勢はともかく、Jリーガーはコンディションを整えることだけでも大変だったろうに、選手の皆さん本当に頑張った!!

試合後はやはりカズのゴールの話題持ちきりでしたが、彼が今回このようなゴールを産み出したのは、言われている「持ってる」だとか、天才・スターだからとかだけじゃないと思います。
日頃から節制し、中断期間もコンディションを整え、そしてなんとしてもゴールを獲りたいと思う強い気持ちがあってこそなんじゃないでしょうか~。

彼のゴールは、ラッキーや奇跡に頼ることなく、自分を信じてベストを尽くすことの大切さを教えてくれたような気がします。

今回の試合は世界150カ国で放送されたそうで。
なんだか日本全体が壊滅状態のようになっていると思っている外国の方は多いようですが、今回の試合を見て、日本は苦しい状況でも決してあきらめないということを発信できたのではないかと思います。
予断ですが、タレントのダニエル・カールさんは日本在住外国人のために日本のニュースを英訳したものをツイッターで配信したり、youtubeで海外マスコミに過剰な放送をしないよう呼びかけたりという活動をされているそうです。
今回の試合も、ダニエル・カールさんのように直接的に海外配信できるわけではないけれど、日本は復興へ向けて頑張る気持ちがあることを知ってもらえたらよいかなぁと思いました。

日本が震災から完全に立ち直るには、長い時間が必要です。
今回のチャリティーマッチで億単位の支援になるのではと言われていますが、被災者や被災地への支援は今後何年にも渡って継続しておこなっていかなければならないと思われ舞うs。
震災を忘れないためにも、今回の震災で感じたこと考えたことを忘れないためにも、できれば今後もこのようなチャリティーマッチを続けることが出来たら・・・と願ってやみません。
 

|

2010年10月 9日 (土)

国家独唱も試合内容も期待以上

2010年10月8日(金) キリンチャレンジカップ2010

日本代表 1-0 アルゼンチン代表 (埼スタ)

ザッケローニ監督が就任して初めての代表の試合。

サンフレッチェからはGK西川とDF槙野が、レッズからはMF細貝が選出という、今まで若手若手と思ってた選手たちがベストメンバーなアルゼンチンと同じピッチにいるというのがなんとも感慨深い。まぁ実際に試合に出たのは後半39分からの西川だけですけど。

キリンカップというと、なぜか毎回歌手が登場して国家独唱をすることが定番になっておりますが、今回は平原綾香。
個性的な独特の歌唱法の彼女ですが、今回の国家独唱ではどっしりとした低音で楽譜に忠実な、とてもスタンダードな歌い方でとってもよかったです。

君が代の歌詞の中で「さざれ石の」部分、J-POPシンガーが歌うと「さーざーれーーー(ブレス)いーしーのーーー」と真ん中にブレスを入れる人がほとんどですが、「さざれ石」というひとつの単語をぶった切って歌う歌い方に今までめちゃくちゃ違和感がありました。
そこを今回平原さんはワンフレーズで歌っていたので、そうそう、こうやって歌って欲しいのさーーー!!!と、テレビの前でニヤニヤしてましたcatface
以前オペラ歌手の人が国家独唱したときもフレージングが完璧で感動したものですが、今回の平原さんといい、やはり音大で基礎から勉強してる人はちゃんとしてるなーーと思ったわけです。
といっても、格闘家の角田さんの独唱もめちゃくちゃよかったから、やはり本人のセンスというか、気持ちの違いだったり、空気を読めるかどうかだったりするのかもしれません。

国家独唱は選手やスタジアムにいるサポーターも一緒に歌うものなので、「オレの歌を聴け」とばかりに自分の歌唱法を披露してしまう歌手ではなく、楽譜通りに歌えて言葉を大切にする人に歌って欲しいなぁ。

書いていて思い出しましたが、昔、アテネ五輪最終予選で生観戦したときのロック歌手が悪い意味で印象に残ってます。その歌手の方、個人的には好きだったし結構上手いと思っていたので、かなり残念だったような。
ちなみにその試合は生観戦だったのですが、試合には負けて予選突破が危なくなるし、阿部のフリーキックがゴール前にいた茂庭の背中にぶち当たって外れるしと、あまりにもな思い出ばかりでした。

なぜか君が代についてアツく語ってしまいましたが、もちろんLでもRでもありませんのでご了承の程を(笑)。

しかし、結成まもなくの日本代表がガチンコメンバーのアルゼンチンに勝つ日が来るとは・・・
そして温厚で上品なおじいちゃん的雰囲気をずっと漂わせているザッケローニ監督は、試合中とっても怖い顔をしていることに気づいた(笑)。
ザックの采配の中でも、途中交代が「かゆいところに手が届く」みたいな的確さだったのが印象的です。まぁ親善試合で交代枠タップリということもあったのだと思いますが、なかなか思い切りのいい監督というのはあまりいないので、今後がとても楽しみです。

そしてもうひとつ、ザックの通訳がゴールのときにキャピキャピはしゃいでいたのもビックリだった(笑)。若干ザックは無視ぎみでしたがweep。これから親しくなって、一心同体になるまで頑張れ~。
広島も浦和も通訳がやたらと人気ありますが(能力的にも、キャラクター的にも、容姿的にも)、彼もそうなって欲しいものです。

ともあれ、幸先のいいスタートになってよかったよかった。
しかし、本気メンバーなアルゼンチン代表が生で観られた人、うらやましいなぁ~。

|

2010年6月29日 (火)

日本vsパラグアイ戦まであと1時間!

日本vsデンマーク戦前に書き込みしたら3-1で勝利、リーグ戦突破という快挙になったので、験をかついで今日も書き込みしてみます。

・・・特にネタはないのですが。

今日の対戦相手はパラグアイということで、何食べよう・・・

・・・

・・・思いつかないshock

デンマーク戦の時はタカキベーカリーのダニッシュロールとデンマークロール、オランダ戦の時はカステラ(笑)と苦肉の策で対戦国の名物料理を食べよう!ミッションを完遂しましたが、今回ばかりは難しい・・・

スーパー寄ってみましたが、エクアドル産バナナやブラジル産鶏もも肉などは目に付きましたが、さすがにパラグアイ名物はない!!

とりあえず、タコス味のチップスをつまみに観戦しようと思います。

あ、あと勝つシリーズで今回はチキンカツ丼を食してみました。

勝つといいな~~

しかし、デンマーク戦以降選手のインタビューなどを見てると、みんな目がキラキラshineしていて明るい顔で充実してるんだろうなぁ~と思いました。

特にヤットや中澤の目のキラキラ度は半端なかった(笑)。
普段どっちかというとつぶらな瞳なだけに・・・

中澤なんて、ワールドカップ始まる前からどんどんシブくなっていったというか老けていったというか((・(ェ)・;))、こだわりのコーヒーを淹れてくれる喫茶店のマスターみたいな雰囲気をみなぎらせていたのに、デンマーク戦後のインタビューでは本当に子どものように目がキラキラしてたぜ。まぁやつれてはいましたが。

しかし阿部ちゃんの献身的なプレーには涙が出てきます。
ユーティリティであるがゆえに、代表でもチームでもセンターバックやサイドをやったりしていましたが、ここへきて守備的なボランチと本来のポジションでワールドカップ本番を闘えているのは、今までの苦労が報われたようで本当にうれしいです。(←私の勝手な妄想ですが)
前回の試合では本田がフリーキックを決め、次も本田が蹴ると見せかけてヤットが決めたので、ここはさらに裏をかいて阿部ちゃんにもフリーキック蹴ってほしい。
そしたらもう誰がキッカーか、相手は絶対よそうつかなくなると思う(笑)。
阿部のフリーキックが見たいと思うのは、アテネ世代(谷間世代とも言われてましたが)ストーカーな私だけの戯言でしょうか。

とにかく日本代表頑張れ~

連日の深夜観戦ですでに眠たくなっている私も頑張れ。
絶対に負けられない闘いが、我が家にもある。

|

2010年6月24日 (木)

日本vsデンマーク戦まであと6時間

1080860_img

タカキベーカリーの

デンマークロール

ダニッシュロール

を購入してみました。

・・・デンマークを食ってしまおうということで。

ちなみに晩御飯は奮発してカツ丼食べてきました。

勝つどーーーん!

ということで。

とりあえずダニッシュロールから食しました。

「デニッシュ」ではなく「ダニッシュ」です。

復刻版ということで、パッケージもお味も素朴でいい感じでした。

タカキベーカリーのパンはおいしいなぁ~。

デンマークロールは試合を見ながらでも(起きることができたら)。

デンマークロール、小さい頃から好きでした。
アンデルセンのデンマークロールが大好きなのですが、スーパーのパン売り場で手軽に手に入るタカキベーカリーのデンマークロールも大好きっす。
っつーか、アンデルセン版とタカキベーカリー版の違いがよくわからん(笑)。
まぁ同じグループ会社のだからいいのかな。
広島で育ったものにとっては、デンマークロールもダニッシュロールも懐かしい~感じがします。

そういうノスタルジーはどうでもよくて、日本代表、頑張ってください。

|

2010年6月16日 (水)

ワールドカップ開幕!

4年に一度の祭典、ワールドカップ開幕!
地上波の夜番組で連日サッカー中継していて、ますますテンション上がります。

日本代表は6月14日に初戦カメルーン戦。
月曜夜11時開始、終了は深夜1時過ぎということで、月金で仕事する者としては辛いものがありましたが、ブブゼラの導眠効果にも負けずライブで見ました。

アベちゃんマコさまヤット(阿部勇樹、長谷部誠、遠藤保仁)のトリプルボランチには、ちょっと守備固めすぎじゃないか・・・と思いましたが、結果的にはよかったと思います。

アンカー役のアベちゃん、本当によかったなぁ・・・長谷部も相変わらず落ち着いていたし。
松井も効いていた。あの細い目でどんだけ視野広いんだ!!と毎度思います。
広島ユースの誇る、今は磐田の駒野(駒吉:命名=ゴンさん)も落ち着きながらも静かな闘志を感じました。
ゴールシーンでは潰れ役をしたりして成長の跡が嬉しかった大久保、闇雲に上がらず守備できっちり役割果たしたトゥーリオと、アテネ世代が主力で闘っているのを見ると、アテネ世代ひいきとしては感慨深いものがありました。
川島も今野もこの世代ですよね。

本田ワントップで本番行くとわかったときには、まさか本気でやるとは思わなかった!!とびっくりでした。
だから前田や寿人を(略)
結果的に本田が得点し面目躍如でしたが、やはり前線に迫力がないことは否めない。
今後、本田の活躍に刺激を受けたほかのFW陣が奮起してくれることを期待します。

試合のほうは、前半のまったり具合と後半の引きっぷり、決してほめられた内容ではないかもしれませんが、とにかく勝ててよかったです。
周囲には「日本勝つよ!」とか言っていましたが、まさか勝つとは(笑)。

カメルーンといえばうどん大好きエムボマとか、サンフレッチェを見事J2にいざなったビロングとか、あと中津江村とか(笑)、日本にとってはなじみの深い国ですが(ビロングは広島限定ですが)、こうしてワールドカップ本大会の初戦で闘うことにご縁を感じますな。

しかし、ラスト10分くらいのカメルーンの怒涛の攻めは怖かったなぁ・・・
あれほど必死で守備する日本代表も珍しいもの見たという感じです。
ロスタイムに入ってからの日本がボールを持つたびに、「あぁこれが鹿島アントラーズだったら・・・」(笑)と思わずにいられませんでした。
あの憎らしいまでにちんたらボールキープする戦術は、対戦相手からすればムカつき最高潮ですが、1点リードを確実に守りきるために、今こそアレをやれと。
交代枠さえあれば、岩政(鹿島所属)入れてアレさせろと。

ロスタイム4分と発表されたときは「ひぃぃーー」と思いましたが、去年からJリーグでやたらと「ロスタイム4分」が増えていたので心の準備ができてましたcoldsweats01
特に問題がなかったらロスタイム4分なーーーとサッカー協会からお達しが出たのか??というくらいロスタイム4分がスタンダードになっていたJリーグでしたが、まさかここにきてこんなに役に立つとは(笑)。
多分、Jリーグでプレーしている選手は、少なくとも4分と聞いて気が遠くなることはなかったかと思います。
そこまで見越してのロスタイム4分スタンダード作戦だったなら、やるなJリーグ(嘘)。

|

2010年2月 2日 (火)

キリンチャレンジカップ2010日本Xベネズエラ@九石ドーム

2010年2月2日(火) キリンチャレンジカップ2010

日本代表 0-0 ベネズエラ代表(九石ドーム)

テレビで観戦しました。
今回はフジテレビがゴールデンタイムに生中継、事前のコマーシャルもガンガン流していてビックリしました。どうしたフジテレビ!!
まぁ~映画「踊る大走査線」とコラボってましたが・・・
でも放送してもらえるだけ、宣伝してもらえるだけでも良いことだと思います♪
ありがとうフジテレビ~~

シーズン前、休み明けの1試合目ってことで、怪我ないのが第一、あとは連携を徐々にとって行きましょう~という雰囲気の試合だったように見えました。
まぁ~怪我だけは絶対避けるべきだよね・・・どのチームも今キャンプしている中選手を送り出しているんだから。

しかし佐藤寿人、相変わらずの半袖・・・
寒いだろう、普通。
彼は相手DFに引っ張られたりしないようにあえて半袖を着続けているということですが、先日サンフレッチェの新ユニフォーム試着で「こんなにフィットする素材なら半袖じゃなくても長袖でもいいかも♪」みたいなコメントをしていましたが、アレはリップサービスだったのか!!
だって、ぴったりフィット具合では今回の代表ユニの方が上行ってそうだし・・・
まぁ、そういうFW職人っぽいこだわりも彼らしくていいなぁ~とは思いますが。
風邪引くなよ・・・

その寿人は後半途中の出場という、相変わらず監督分かってねぇなぁ・・・な出番だったにもかかわらず、ディフェンスに攻撃に頑張っていました。
駒野からのクロスに寿人が飛び込む・・・思いっきり外しましたが・・・という場面には、懐かしさで涙ぐみそうになりました(嘘)。

しかし、せっかく平山と寿人が前線にいるのだから、もっとクロスやダイレクトパスをガンガン入れていくべきだったと思うんですけどねぇ・・・
平山に当てて、こぼれたところへ寿人が突っ込む。。。みたいな形を繰り返しているほうが得点のチャンスも出てきたと思うのですが。

阿部ちゃんの出場がなかったのは残念でした・・・
4バックだとセンターバックのファーストチョイスはトゥーリオと中澤になっちゃうのでねぇ・・・個人的には阿部ちゃんはDFよりボランチで見たいのですが、ボランチはさらに激戦区という。

しかしテレビ中継、解説陣がしゃべりまくっていましたな(笑)。
選手のデータや背番号ばかり読み上げてる中継よりは全然楽しいです!!

あと、試合終了後ピッチレポーター(今回は山口さん)がピッチに入り、自ら選手を捕まえてインタビューというのが最近は流行しているのでしょうか?前にTBSが小倉さんでやっていたような覚えがあるのですが。
山口モトさんはさすがにソツなくこなしておられましたが、元代表選手たちも第二の人生でなれないこともガンガンやっていかなければならないようですねΣ(゚д゚;)。

オフシーズンということでサッカーや代表戦に飢えていたこの時期、まったりと試合を見ることが出来て楽しめました。

|

2008年7月15日 (火)

北京五輪代表発表について

北京オリンピック日本代表メンバーが発表になりました。

http://www.jfa.or.jp/daihyo/u_23/news/080714_03.html

広島の青山敏、柏木は落選。
浦和からは細貝が選ばれたものの、梅崎は落選。

他にも予選を闘い貢献してきた選手が何人も落選している・・・
青山直とか水野とか。。。
青山直と青山敏なんかはサカマガの読者投稿で「分けいつても分け入つても青い山」なんていわれるくらい不動のレギュラーだったのに。

過去の貢献よりも、現在の活躍度で選んだ・・・とは言いがたい面子なのもなんだかなぁ。

なによりも気に入らないのは、監督の「心技体の"心"で選んだ」の部分。

オリンピック年にJ2に降格したチームにあえて残り、辛く厳しい1年間を戦い抜く方を選択した選手達の"心"は弱いですか?

選手層が厚いチームに移籍し、ベンチスタートでもくさらず、途中出場でもモチベーション高く戦える選手の"心"は弱いですか?

"心"なんていう抽象的な話をせずに、「今調子のよさそうな選手を選んだ」「ユーティリティ性のある選手を選択した」「A代表に呼ばれたことのある選手を優先した、なぜなら五輪後A代表のコーチに戻りたいから」「今はイマイチだけど将来性ありそうな選手を選んで、後々『見る目があるねぇ』って言われたかったから」・・・なんて本音で語ってもらったほうがすっきりする気が。

なーんていろいろ好き勝手を書いてしまいましたが、日本代表としてオリンピックに出場するのだから、もちろん応援したいと思いますよ。頑張ってください。(・・・なんか他人行儀に聞こえる??)

そして落選してしまった選手たち。

本戦には出場できないけど、ここに至る道のりで一生懸命闘い、五輪出場の切符を獲得したのは彼らである。ということを、多くの人は知っているということ。

そして、これから所属チームでの長い長いリーグ戦がすぐ数日後には始まること。

そのリーグ戦の先には、日本代表という新たな目標があること。

彼らが所属するチームには、五輪やW杯の選考から漏れ、その悔しさをバネに代表に上り詰めたり、所属するチームでかけがえのない選手となっている先輩達が大勢いる。

その背中を追って、これからも前向きにサッカーをしてほしいなぁなんて思います。

| | コメント (0)

2008年2月 6日 (水)

W杯アジア3次予選日本xタイ@テレビ観戦

2月6日(水)W杯南アフリカ大会 アジア3次予選

日本代表 4-1 タイ代表 (埼スタ)

得点者:21' 遠藤 保仁(日本代表)
     22' ティーラテープ・ウィノータイ(タイ代表)
     54' 大久保 嘉人(日本代表)
     65' 中澤 佑二(日本代表)
     89' 巻 誠一郎(日本代表)

埼スタの雪、すごかった・・・snow

画面でもはっきり雪が見えてました・・・ここは雪国?
選手の吐く息の白さが、やや引いた画からも伝わって、こっちもドン引き。
選手ももちろん辛いだろうけど、観戦する方はもはや修行状態なんだよなぁ~
オシムがまた観に来てたみたいですが、ドクターストップによくぞならなかったものだ。
お体大切にぃぃ~

こんな雪でもきっと(佐藤)寿人だったら半袖だろうなぁ~なんてニヤニヤしながら見てたら、幡戸も半袖だった(笑)
うんうん、相手DFと駆け引きしまくる系のFWはやっぱ半袖だよな~
ちょっとバンドに親近感(笑)。

本来なら無失点で抑え、もっと圧倒しないといけないんじゃないの?とも思いますが、岡田監督就任後わずかな期間であることを考えると、まぁひとまず勝ち点3を確実に取ったってことでよかったのではないでしょうか。

しかし中澤の代表通算得点はいったい何点になるんだろうcoldsweats01
きっと歴代の代表FWの平均点ぐらいはいってそうだなぁ・・・

隠れ遠藤ヤットファンの私としては、あのヤットのけだるいフリーキックは大好きだ(笑)。
できればPKも見たかったのですが・・・あのグダグダした、GKバカにしてんのか?なPK。
中盤はヤットだのケンゴだの山瀬兄だの、味わい深い男達が多くて非常に面白い。
なんかダラダラしたMF陣の中、一人ひたむきに走り回る啓太もけなげでいとをかし。しかしそんな啓太も、こんな極限状態の天候でも宇宙開発事業団としての任務を忘れていないのには脱帽。でもだんだん枠に近づいてきていると思うよ!!(と、自分を励ましてみる)

あと、駒野が時々画面に映ると、ちょっと切なくなります。
「DF 3 駒野 友一(磐田)」というテロップはまだ正視できないweep
♪あのころの生き方を~あなたは忘れないで~
と、某ユーミンの名曲が頭を駆け巡ります。
「あなたは時々遠くで叱って」、J2でおそらくグダグダするであろうサンフレッチェを見守ってください。

しかしチラチラ映りこんでくるベンチの岡田と大木と、時々、大熊(敬称略)、なんか平日宵の口の新橋あたりを思わせる絵面でしたな・・・
いや、3人ともそうそうたる経歴の、敏腕指導者(多分)なわけですが・・・

ともあれ、選手もスタッフも観客も、みなさん寒い中お疲れ様でした。
風邪など召されませんよう。。。

| | コメント (0)

2007年12月30日 (日)

室井市衛選手について

すっごい久々に日記を書きます。
その間にいろいろと・・・本当にいろいろなことがありましたなぁ。
レッズが優勝逃したり、サンフレッチェがJ2に降格したり、レッズがミランと闘ったりクラブワールドカップ3位になったり・・・
舞台や映画もいろいろ観たし、旅行にも行ってきましたので、おいおいゆっくりと書いていけたらなぁと思います。

1020266_img 先日、横浜FCの室井市衛選手引退、指導者転身のニュースを知りました。
まだ公式の発表があったわけではないので確定かどうかは分かりませんが。

実は私が浦和レッズに本格的にハマったきっかけはこの室井選手。
室井の名前入り5番Tシャツもいまだに持ってます(笑)。
っつーか市衛の5番のタオマフいまだに使ってたりします(笑)。
あまりミーハー的に選手のファンやらない私ですが、室井選手は例外的に個人として好きでしたね~ぴかぴか(新しい)

鋭い目ではにかむように笑う室井選手の笑顔、まるで機嫌のいいハスキー犬みたいだなぁと常々思っておりました。
またプレーではストッパーとして対戦相手のエースストライカーをしつこく抑え、その姿はまさにエースストーカー。あと、ハイボールはことごとくヘディングで跳ね返していた脅威の“頭”も強烈でした。

一番印象に残っているのは、やはりJ1復帰をきめた試合でのレッドカード。もしもあのとき室井選手の身を挺したディフェンスがなければ・・・と思うと、本当に浦和レッズにとってのターニングポイントになってたんじゃないでしょうか。

それから初めて進出したナビスコカップ決勝。(2003年くらい?)
ベンチスタートだった室井選手が出てこないかなぁ・・・なんて思いながらゴール裏で応援していたのですが、試合終盤に交代で出てきた室井選手はなんとパワープレーを期待されてのFW起用。
ボールが市衛の頭に集められ、何度も何度もゴールを目指す姿はひたむきで心を打たれた覚えがあります。鹿島時代の大先輩であり同時にポジション争いのライバルだったであろう秋田選手とのガチンコ勝負もシビれました。

この試合の時だったか、当時代表監督だったジーコからこのまま頑張れば代表も見えてくる・・・みたいなこと言われたような記憶もあります。(ジーコとは鹿島時代からの旧知の仲だから頑張れよ~的な挨拶だったのかもしれませんが、それも室井選手が調子良かった故のことだと私は思っています)

レッズがJ2に降格した年に鹿島から移籍してきた室井選手。
その後J1に復帰しオフト体制のもと着実に強くなっていった時代に活躍しチームに貢献してくれたことは本当に感謝しているし、忘れてはいけない選手だと思っています。

Jリーグ創生の年に入団し、15年間Jリーガーとして活躍してきた室井選手、本当にお疲れ様でした!!
思えばチャンピオンシップやカップ戦の決勝、J1昇格をかけた試合などの舞台を経験し、移籍や怪我など辛いことも多く体験している室井選手は、指導者というのは非常にいい選択だなぁと思います。
豊富な経験と人柄の良さを生かして、新たなサッカー人生を歩いていって欲しいと思います。応援しています!!ぴかぴか(新しい)

| | コメント (0)

2007年6月 5日 (火)

キリンカップ 日本xコロンビア@テレビ観戦

キリンカップサッカー2007~ALL FOR 2010!~

第3戦 2007年6月5日(火)

日本代表 0-0 コロンビア代表 (埼スタ)

「にーまるまるなな、にーまるいちまる」ばかり言ってるアナウンサーにくじけそうになりながら(笑)、キリンカップの日本代表戦を見ました。

久々に真剣勝負な強豪との対戦、面白い試合でした。

高原が去年のワールドカップの頃よりも凄くなってて驚きました。
なんか気の毒なくらい徹底マークされ、ファール受けまくってましたが、そんな中でも冷静に自分のプレーが出来てたし、彼がボールを持つたびになんかやってくれそうな感じがしました。
2002年でしたか、J得点王取った頃の凄みをさらにパワーアップさせた感じ。ブンデスでも活躍しているようだし、日本を代表するストライカーになってきました。

駒野は今大会は右に入ったせいか、いつもよりは生き生きしてたなぁ。
人手不足な左SBに比べると右は激戦区ですが、オシム監督は今大会の駒野を見てどうするんでしょう~。今後のフォーメーションが楽しみです。

しかし、駒野、啓太、阿部、今野・・・というアテネ世代が代表で次第に中心になりつつあるのが頼もしい。
今日の試合を見てるとまだまだシドニー世代のベテラン勢が引っ張って行ってましたが、今後はもっと自分をアピールしてって欲しいです。
特に阿部ちゃん、ヤットや俊輔、憲剛などなどスペシャリストが多い中難しいとは思いますが(笑)、フリーキックを蹴って欲しいなぁ。まぁ浦和ですら蹴ってない状況なので、難しいのかなぁ。

オシム監督も、試合終了後のインタビューはめずらしく上機嫌だったっぽいし、選手の取捨選択がある程度目処がついたんではないでしょうか・・・

しかしコロンビアはなんであんなにガチンコだったんでしょうか。。。キリンのドリンク一年分が魅力的だったんでしょうか。

| | コメント (0)