« クリスタルガイザー スパークリングレモン | トップページ | ネスレブライト@ネスレ日本株式会社 »

2012年3月31日 (土)

2012年1~3月期ドラマ

今日は3月31日、今期も終わり・・・
ということで、一人で勝手に打ち上げランチ食べて来ました。
インド料理屋さんでカレーランチ。
巨大なナンと辛~いインドカレーのお陰で、体もホカホカになりました。

で、今期のドラマの備忘録。

ラッキーセブン
月曜9時(フジテレビ)

ラッキーセブン DVD-BOX
ラッキーセブン DVD-BOX
ポニーキャニオン 2012-06-11
売り上げランキング : 52


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

松潤に松嶋菜々子、瑛太、大泉洋などなど、連続ドラマ主役級俳優を揃えてえらい気合の入った月9でしたが、なんだか最後までゆるふわしたドラマでした。
月9で若い子向け恋愛ドラマじゃなく、アクションや探偵モノ、群像劇とちょっといつもと違うぞということで期待していたのですが・・・
といっても、充分楽しんだのですが。

しかしアクションはよかった!!
どこまでスタントなのかはわかりませんが、初回の松潤と瑛太のファイトクラブ風バトルはとても見ごたえがあって、二人ともいつもより5割増しくらいで格好よかった!!
他にも毎回のようにアクションシーンが出てきて、これはかなり楽しみだったなぁ。

また、無理やり恋愛を絡めてこなかったのもこのドラマらしくて良かった。
といっても、大泉洋があっちこっちで失恋したり、松潤がボスに言い寄ってはあしらわれたりなど、面白シーンとしてはありましたが、まぁこれはギャグ(笑)の範疇ということで。

ストーリーは一話完結と思いきや、ときどき「次回へつづく」があったり、ボスの父親の事件解明がずっと続いていたりと、結構続けてみていないとおいてけぼりに合いそうな展開。
しかし、最終回になってやっと黒幕、真犯人が出てくるというのは、これが推理小説だったら総ツッコミに合いそうだ(笑)。

松潤は文句なしに格好良かった。
なんかいつも強力なライトが当たっているような映像だったが(松嶋菜々子も??)、それを差し引いてもアクションシーンも無難にこなしていたし(あの機敏さと柔軟さはやはりダンスでつちかわれたのか??)、チャラいようで人情に厚いいい男を好演していたと思います。

瑛太は脇にまわるととたんに輝きだすことを発見しました。
もちろん主役も張れる若手ではトップクラスの俳優だと思いますが、個性的なアクの強い役を思う存分やれる今回のような儲け役は、本人もノリノリで変人を演じていたような。
舞台でも、主演よりも二番手の方がおいしいって言うしね。
映画「まほろ駅前多田便利軒」では松田龍平を相棒に主演していましたが(連続ドラマ化おめでとう!)、あれもアクの強い役の松田龍平を相手にした白い役で苦労していた印象がありましたが、このドラマでの瑛太を見ているとよりイキイキしていて、面白いなぁ~と思ってしまいました。

あと、大泉洋はちょっともったいないかなぁ~
なんだかいつもの洋さんという感じで、意外性がなかったというか。
まぁでもかなりアクセントになる役を面白く演じていたとは思いますが。
最近見た映画「しあわせのパン」では面白いことを何一つ言わない大泉洋におどろきましたが、こちらのドラマでは本人の個性が出すぎていたような。
でも、こういうおちゃらけていながら頭脳でヒロインを助けるっていうのもおいしい役。

結局最終回まで続けて見ましたが、続編or映画化を狙う気満々なのが伝わってきて、なんだかなぁ~。
今回の連続ドラマでさえ豪華キャストのスケジュールがかなりタイトなのがわかりましたが(瑛太が途中からスッポリ消えてましたね)、キャストを替えて続編というのはあまり関心しないので、もし続きを作るなら気合を入れてキャスティングをお願いしたい(笑)。

ストロベリーナイト
火曜9時(フジテレビ)

ストロベリーナイト シーズン1 DVD-BOX
ストロベリーナイト シーズン1 DVD-BOX
ポニーキャニオン 2012-06-29
売り上げランキング : 368


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

単発のドラマがあってからの満を持しての連ドラ化。
こういうサイコパス系の刑事ドラマは正直飽きてきた(笑)感があるのですが、単発ドラマの時に比べてはグロ度も下がり、見やすくなっていました。

竹内結子は笑顔がステキな女優さんだと思うのですが、この役ではその笑顔をほとんど封印してどなったりふてくされたり忙しそうでした。
男どもを部下に持つ主任刑事で、上からは疎まれ下からは慕われるという役柄でしたが、これは原作や脚本のせいもあるのかもしれませんが、普段からあんなにギャンギャン騒いでいてなんでみんなから愛されているキャラなのかいまいちよくわからなかった(笑)。
かわいいからか??
まぁ部下としてはああいう上司の方が御しやすいような気もしますが。
ワンレンのバサっとした髪型に、細身のスーツ、真っ赤なバーキンで凄惨な殺人現場に出入りするって、「周りの男になめられなくないから」という理由は分かる気もしますが、仕事しにくいのではないか??と若干不思議でした。まぁそういうアンバランスなキャラクターを表現しているのだろうなぁ。

こちらは既に映画化が決定しているようで。
やっぱりな
でもこの題材は映画の方が向いているかもしれませんね。

なんとなく同局の「アンフェア」を狙っているのかもしれませんが、竹内結子は篠原涼子になれるか(笑)←というのじゃ冗談ですが(どちらもステキな女優さんだと思いまーす)、どういう映画になるのかは楽しみです。

ハングリー!
火曜10時(フジテレビ)

ハングリー! DVD-BOX
ハングリー! DVD-BOX
ポニーキャニオン 2012-05-25
売り上げランキング : 1506


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「ラッキーセブン」でも触れましたが、主演に対して脇の方がともすれば役者としておいしい役になる場合が多い。この作品もそんな感じだと思いました。

すっかり敵役がハマるようになってしまった稲垣吾郎ちゃんにはじまり、フレッシュな若さとかわいさがストレートに出せた三浦翔平、幅広い役柄で脇の王道を行っている塚本高史、ミュージシャンということであまり期待していなかったのに意外と役にハマっていたケミストリー川畑など、脇役が個性を出して輝いていた分、主演の向井理は本当に難しいだろうなぁ~と思いながら見ていました。

しかしこのドラマ、登場人物多すぎではありませんか(笑)。

向井理は元ミュージシャンで天才的な料理の才能がある役でしたが、けっこうハマっていましたな。元バーテンダーという異色の経歴が功を奏したか、厨房に立つ格好がものすごくサマになっていました。
今、厨房でフライパン振ってサマになるのは向井理と速水もこみち。現在発売中のananにもそう書いてありました!(長谷部誠が表紙のヤツね)

稲垣吾郎は、もはやこういう役をさせると右に出るものはいない。いいポジションを獲得したのではないでしょうか。
「十三人の刺客」のような狂気の殿も素晴らしかったし、最近では「流れ星」の上戸彩のクズなお兄さん役も印象深い。こういうシャレにならない人間と共に、今回のドラマのようにコメディチックな敵役もできるなんて、今後は安泰ではないか。

ケミストリー川畑さん、なにかいつもモノを言いたげな顔立ちのせいか、画面に出ていると何か台詞を言い出すのではないかと妙に注目してしまいました(笑)。
いやぁ~ミュージシャンらしさも出てたし(ミュージシャンなのだから当たり前ともいう)、台詞の間の取り方などもいいし、ワイルドも地球の裏側じゃマイルドになる佐藤勝利君という抜群の初ドラマ感を漂わせていた出演者がいたのも手伝って、結構自然に見えました。

Wヒロイン??の瀧本美織と国仲涼子、どちらもキレイだなぁ~♪
若さゆえに突っ走る瀧本さんに対し、さすが売れないミュージシャンの彼女を長年続けてきただけに多少のことでは動じない国仲さん、どちらもステキな女性ではありませんか。
どちらかを敵役にせず、両方魅力的に書かれている脚本はいいなぁと思いました。

脚本というと、最終回で安易に味覚障害を克服させたり、中盤の結婚披露宴で片桐はいりをケーキにダイブさせたりすることなく、いい意味で我々のベタな予想を裏切ってくれた脚本はとてもよかったと思いました。
かなり予定調和で進んでいるようで、人生そんなにアマくないんだよと言わんばかりにちょっと辛らつな面も挿し込みつつ、毎回大団円で終わるドラマ展開で、イヤな気分になることなくこのドラマを見続けることができました。
こういう、軽いテイストのドラマは、まだ週が始まったばかりの火曜夜には合っていると思う。

最後から2番目の恋
木曜10時(フジテレビ)

最後から二番目の恋 DVD-BOX
最後から二番目の恋 DVD-BOX
ポニーキャニオン 2012-07-18
売り上げランキング : 930


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

主要出演者が軒並み30代半ば以上という、なんとも枯れたドラマだなぁ~と思っていたのですが、いやいや面白くて結構ハマりました。
脚本家の岡田恵和さんの過去作品を見てみると、「若者のすべて」「ランデブー」「彼女たちの時代」などなど、私が若い頃に好きだったドラマが続々と出てきてびっくり。
そりゃ今回もハマるわけだ。

鎌倉の街もステキでした。
雰囲気のある海岸や坂道、古民家などなど、趣のある町並みが毎回登場してそれを見るのも楽しみでした。古民家での生活やご近所づきあいはとっても大変そうでしたが(笑)。
しかし古民家カフェ好きとしては坂口憲二がマスターやっているカフェはぜひ行って見たいぞ。あんなに「おうち(でやっている)カフェ」的な雰囲気はどうかと思うけど。客に皿洗い手伝わせたり(笑)。

キョンキョンは、いくつになってもかわいいですねぇ~芝居も上手い!!
昔はカリスマだったアイドルが、今は年齢相応の役を年齢相応に演じている辺りに好感が持てます。(時々、それは孫だろう・・・という年齢の子の母親役をする女優さん俳優さんもいますが・・・)
年下彼氏との別れがポストイット一枚だった・・・というエピソードはキョンキョンだと別の人がチラついたりして、なんだかリアリティがあるなぁ~(笑)なんてニヤついてみたり。

中井貴一はもうさすがというしかない。
「平清盛」の立派な平家の棟梁も素晴らしいですが、和平さんの適度に情けないけどステキな50男も自然で、コメディ部分も見事。

個人的には、大奥で「美味でございまする~」と言っていた久保田磨希の、地味にデキるADが楽しみでした。ああいうさりげなく気が利く部下がいるからこそ、千明は気持ちよく仕事に打ち込めるんだろうなぁ~。
しかし、お名前を確認するためにWIKIで調べたら、昨年10月に出産されたばかりとか。
すごい!!そういう母性のようなものも、演技に生かされていたのかも(笑)。

こういうなにげない日常の積み重ねをさりげなく切なく切り取った脚本は、個人的にとっても好きです。誰もがいろんなものを抱えつつ一生懸命生きている。

長倉家の面々を見ると、離婚の危機にある長女、病気を抱えた次男、引きこもりの次女と、もし一家に一人いたら大変・・・と思ってしまうような家族をさりげなく支えてきた和平さん(和平さんは支えてきたとか、やっかいな家族とか思ったこともなさそうですが)。
そんな長倉家の隣に引っ越してきて、一風変わった長倉家の人々をちょっとずつ変えていった千明さん(こちらも本人はそんな気は全くなさそうです)。
なんか好き勝手言い合っているように見える二人ですが、こういう風に周囲の人に影響を与えられるということはとてもステキな大人だなぁと思いながら見ていました。

とりあえず、鎌倉でバーベキューがしたいです!!

恋愛ニート~忘れた恋の始め方~
金曜10時(TBS)

恋愛ニート DVD-BOX [DVD]
恋愛ニート DVD-BOX [DVD]
TCエンタテインメント 2012-08-10
売り上げランキング : 3261


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「恋愛ニート」という言葉、イマイチ流行りませんでしたね・・・
前クール月9の「私が恋愛できない理由」と同様、いやいや充分すぎるほどみんな恋愛してるよ!と突っ込みいれたくなるタイトルです。

仲間由紀恵は本当にキレイですね~。
ひっつめ髪で機能性のみ重視のような服装など、ファッション的にはイマイチだったように思いますが(個人の感想です)、それを差し引いても画面アップにも耐えられる美しさはうらやましい限り。
でも、あの凛ちゃんはちょっとギャンギャンしすぎですね((・(ェ)・;))
友達の美帆が凛に嫉妬する場面がありましたが、あんなにつっかかる性格でも昔から男にモテてたのか!と、美貌ってすごい武器だなと思いました(笑)。
今クールは「ストロベリーナイト」の姫川といい、なんでキレイなのにこんな性格に??と突っ込みいれたくなるようなヒロインが多い気がしました。

個人的には、りょうが演じる菜々子がステキだったなぁ~。
人当たりが良くて、仕事ができるけどギスギスしておらず、友達のことを真剣に考えることができて、それでいて不器用で・・・などなど。40前後の独身女がお手本にするべきタイプだな。
田中裕二演じる多田さんの好演もあり、二人のカップルは本当に応援したくなる感じでした。

あとは20世紀少年で唐沢寿明の幼少時代を演じていた子役が大きくなっていてビックリ!ということは天地人で上杉景勝の幼少時代の子役だと思うのですが、大きくなってなかなかの美少年になってきて、これは将来が楽しみです。つーか、将来本格的に唐沢寿明みたいな顔になりそうだな・・・
神木隆之介のように、演技の上手な俳優に育って欲しいなぁ。

それから橋本じゅんさんが何気に火10とカブって出演していたことに驚き。
素朴でウザい農業父ちゃんと、厭味でウザい出版社上司という演じ分けはさすがです(結局どっちもウザいやんけ!)。

おそらくターゲット世代であろう未婚30代の私もあまり共感できる内容がなかったことはどうかと思いますが、のんびりと見るにはいいドラマだったと思います。

理想の息子
土曜9時(NTV)

理想の息子 DVD-BOX
理想の息子 DVD-BOX
バップ 2012-07-18
売り上げランキング : 303


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

正直全然期待せず見ていたのですが、意外にハマりました。
さすが野島伸司脚本というか、結構深い内容だったのでいい意味で驚き。
親子役の鈴木京香と山田涼介の芝居がかなりよかったこともあり、あんなバカバカしい設定の連続でこれほど感動できるとは(笑)と自分の感性を疑うくらいでした。

鈴木京香サン、普段の「かあちゃん」らしい庶民的な感じも、ビシっとワンピース着て登場するときの女優オーラも、その両方が素晴らしい!!
「息子に家を建ててもらう」を目標に打算的に子どもを育てている・・・という設定でしたが、実は並の母親よりよほど深い愛情を持った、理想のお母さんでした。
滝に打たれたりしていましたが、野島伸司大女優になんてことをさせる(笑)と思っていましたが、あっさりやってしまう鈴木京香の女優魂に惚れました。

山田涼介くんの演技は初めて見たのですが、芝居が上手くてビックリ。
たまに音楽番組で見るときのプロアイドルっぷりもすごいですが、歌やダンスもかなり上手いことから、結構努力する、根性あるタイプなのかなぁと。
優等生でケンカも強く、人情に厚くてマザコン(じゃなくて、かあちゃんが好きなだけさ!)と、究極の「理想の息子」っぷりにホレボレしました。

藤ヶ谷太輔くん、えっ、この人高校生役やっちゃうの??と一瞬戸惑いましたが、相棒役の人も20代半ばだし、あまり違和感はありませんでした。
まっすぐな主人公に対し複雑な家庭に育った屈折した役でしたが、この人も母親を追い求めるある意味理想の息子の一人だなと。
鈴木京香サンといい感じになっていくのはなかなか見所でしたな(笑)。あの関係にほんのりワクワクしていたお母さん方は多いのではないでしょうか。

中島裕翔くんは昔「プリマダム」や「野ブタ。をプロデュース」で子役やってた子なんですね。でっかくなって・・・
入江甚儀くんも「金魚倶楽部」「ごくせん」では美少年だったのに、いきなりワニ役でビックリ(笑)。

なんか少年漫画を読んでいるような面白さがありました。
動物のCGが出てきたり・・・(笑)。
覆面を被ったヤツも、あの超人的滑舌の悪さであっさりと諸見里とバレバレだったり。
金子ノブアキがまさかの4役だったり、女装コスプレシリーズもだんだん扱いが雑になってきたり、そういうコメディ的な部分も面白い。
土曜9時の枠らしい、若い子も楽しめる内容だったと思います。

一方で大人も楽しめるない内容でもありました。
未婚の母親が数十年前には「シングルマザー」という言葉によってやたらともてはやされていた(ドラマなどの設定に良く使われるようになったという意味で)頃がありましたが、当時の子どもたちもそろそろ高校生だったり社会に出たりしている年代なんだなぁ。
虐待やネグレクトなど、親子の間で起きる事件が目立ってきている現在、鈴木家、小林家、三船家といろんな母子の愛憎が登場していたのも、やはり野島脚本らしさが出ていたと思います。

土曜9時はあまり家にいることがなく、今まであまり注目していない枠でしたが、前回の「妖怪人間」といい、面白いドラマが続いていますな。
次は嵐相葉君で「三毛猫ホームズ」のようですが、これ、私が中高生の頃に読みまくった原作なので、どうなることやらとハラハラしながらも楽しみにしています。
しかし赤川次郎さん、昔と比べると貫禄ついたよね・・・

なんだかんだで、今クールもいろんなドラマで楽しませていただきました。
3月31日になんとかアップが間に合って嬉しい(笑)。

|

« クリスタルガイザー スパークリングレモン | トップページ | ネスレブライト@ネスレ日本株式会社 »