« J1第30節 浦和vs大宮@埼スタ | トップページ | 『ヴィヨンの妻』 »

2009年10月31日 (土)

『レミゼラブル』@帝劇

2009年10月24日(土)ソワレ

Remize

久々のレミゼ観劇です。
最後に見たのは、数年前の博多座だったような。
やはり最初のジャッジャーンという音を聞くと、キター*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!と思ってしまいます。

やはり帝劇でみるレミゼは、ちょっと特別な感じがします・・・感じがするだけですが(笑)。
「24653」のTシャツ、欲しかったな・・・かなり迷って結局購入しなかったのですが。(どこで着ればいいのか分からないので・・・)

ジャン・バルジャンは別所哲也さん。
何度か拝見していますが、この方の芝居寄りのバルジャンは好きですね~。
歌の安定感も増してきたように感じるし、今後も見て行きたいです。

ジャベールは今拓哉さん。
キッチリした雰囲気がいかにもジャベール。声も迫力があって怖い雰囲気満々なだけに、彼が最後に死を選ぶ悲壮感が伝わってきました。

エポニーヌは知念里奈さん。
とにかく見た目がかわいい!エポらしい雰囲気です。
歌声はあまり好みではないのですが、声量もありエポ向けではないでしょうか。

ファンテーヌは今井麻緒子さん。
なんか折れそうなくらい細くて、ファンテの気の毒さが増します。
ただ、歌い方が目をカッと開いて一本調子で怖い・・・中島みゆき風です。

コゼットは辛島小恵さん。
歌が超~上手い!!今まで最高音の出ないコゼットを多く見てきたので(何しろ初見が早見優ちゃん・・・)、もうそれだけで合格点です(笑)。
お芝居も上手いし、安心してみていられますが、あまりにも安定しているせいか、みんなしてそんなにコゼット守ってやらなくても一人で行けていけそうな雰囲気をかもし出していました。
あと、アンサンブルとしての娼婦役のときに、ファンテーヌに対して異様に厳しくしているところも好きです(笑)。

マリウスは山崎育三郎さん。
シブい名前に似合わず、甘~い容姿と歌声で楽しませていただきました(笑)。
若手のミュージカルスターはどこも人手不足だと思うので、このまままっすぐ育って言って欲しいですね。

テナルディエは安崎求さん。
なんか妙に男前なテナルディエだったような・・・。まぁ男前でもなんら問題はありませんが(笑)。この役は本当に難しいと思います。レミゼの裏主役だと思うし。

テナルディエの妻は森公美子さん。
もう~面白すぎです。ずっと前から拝見していますが、どんどんパワーアップしていっているような。

アンジョルラスは坂元健児さん。
相変わらずのスコーンとした歌声に惚れ惚れ~~。
圧倒的なカリスマのアンジョルラス・・・にはいまいち見えないのですが(笑)、でも体育会系のノリで「オイラについてこいよ!!」って雰囲気は充分あると思う
でもそろそろ年齢的に卒業でしょうかねぇ。
レミゼ、30代程度の男性の役がなかなかないので、もっと年とって実力と経験をつけて、ゆくゆくはバルジャンかジャベールを・・・!!

****************************************

今回は舞台終了後にトークショーがついていました。
いやぁ~楽しかったです♪
でも一番良かったのは、アンサンブルの女性3人による「オンマイオウン」合唱でした。
ちょっと涙が出そうになりました。
こういう企画、いいですね~。今後もよろしくお願いします。

|

« J1第30節 浦和vs大宮@埼スタ | トップページ | 『ヴィヨンの妻』 »